なぜ刺客に気がつかなかった?!龍馬暗殺/不運の謎がやっと解けた

みなさんこんにちわ。総長のAKIRAです。

私は長年の間、龍馬が暗殺された近江屋事件の経緯が腑に落ちませんでした。なぜ直前まで刺客たちに気がつかなかったのだろうか、と。あまりに不自然に感じていました。狙われているという危機意識も日頃から相当にあったはずだろうに。

慶応3年11月15日。京都三条河原町の近江屋。刺客たちが集まる。示し合わせて近江屋玄関から上がり込み、龍馬たちのいる二階へ。二階に到達した刺客たちは襖を数度にわたって開け、龍馬と中岡慎太郎の部屋へ向かっていく。最後の襖を開けた時、龍馬と慎太郎は突然刺客たちと目があう。意表を突かれた龍馬と慎太郎はなすすべもなく・・・

ってそんなアホな。龍馬たちはベロベロに酔っ払ってたのか。何人もの刺客たちが襖を何度も開けてれば音が相当に立つだろう。気配も。

それとも何か、龍馬たちにとって決定的に不利な要素でもあったのだろうか。そうに違いない。が、それは一体何なのか。長年この辺りが疑問でしたが、新たな事実を知って事情がわかりました。

近江屋を買い取って住んでいた女性の証言に基づいた、当時の正確な「近江屋の見取り図」にヒントが隠されていました。これによりますと、近江屋の二階には階段に続くかたちで奥までずっと長い廊下がありました。すると階段から廊下を進み続け、龍馬たちのいる部屋の襖を開けるまで、ほかの部屋の襖を開けながら進む必要がなく、廊下を進むことで龍馬たちの意表をつくことが可能だった、ということがわかったのです。刺客たちは何度も襖を開ける必要がない。

これなら確かに、龍馬たちは刺客たちの接近に気がつかずいきなり部屋に踏み込まれても不思議ではありません。近江屋の二階の構造が、龍馬たちにとって決定的に不運であったのです。とても残念なことですが。

長年の疑問がこれで一つ消えました。

警護を学ぶ上で、暗殺事例を研究することは極めて重要なのであります。